Duolingo は、言語学習において世界でもっとも人気のある方法です。なによりも、完全に無料です。

"You go in that direction."

訳:あなたはあの方向へ行く。

2年前

5コメント


https://www.duolingo.com/hirasabre
hirasabre
  • 25
  • 5
  • 2
  • 1016

http://www.ravco.jp/cat/view.php?cat_id=5114 toを使うと場所が限定されるがinを使うと大体の方向となるらしい。参考までに。

2年前

https://www.duolingo.com/ryujirominami

「あなたはそっちの方へ行く」はなぜx?

5ヶ月前

https://www.duolingo.com/RyosukeTaniuchi

そっちの方へ行く、はそのあたりの場所へ向かっていくということで、そっちの方向へ行く、は特定の目的地ではなくその方向に向かって進むということです。 ただ確かにそんなに大きな間違いではないですよね。

最低限の文法規則と基本的な単語の語彙の習得に特化したサイトなので、あまり「日本語としての自然な表現」にこだわらずに、たとえばdirectionであれば方向、と素直に基本的な訳語を選ぶというスタンスでいいのかなと思います。

2ヶ月前

https://www.duolingo.com/ryujirominami

こだわっているのではなく、不正解の理由が知りたかっただけです。 directionを日本語の「方角」ではなく「方」と翻訳した場合、間違いだと判定される基準は何なのかと言うことを知りたかっただけです。 directionの日本語訳は「方向」「方位」「方面」等々数限りなくあります。その中で「方向」だけが正解である理由が知りたかっただけです。

2ヶ月前

https://www.duolingo.com/RyosukeTaniuchi

その考え方はこだわりと言えると思います。 非難しているわけではありませんので、誤解なきよう。英語学習を深めるうえで細部へのこだわりはむしろ大事なものですよ。

間違いの基準というより、そもそもこのサイトのシステム上、解答はすべて一文単位で手動で登録されており(以前登録作業をしている方から聞いた話ですので、今は変わっている可能性もあります)、またボランティアの手作業によるところも大きいわけです。

また、システムリソースにも限りがあることから、登録可能な解答数も制限されていて、登録作業をする方も様々な「これも正解にしてほしい」という要望に対してかなり苦慮されているようです。

現状のシステムが一文登録のままなら、「そっちの方向」と「そちらの方向」、「あの方向」などをすべて正解にし、方向、方角、方面などもすべて正解にするとなると、それだけで単純に九つの文を登録する必要があるわけで、それは単純に「多すぎる」となるわけです。

そうなると、文中の様々な言葉の表記ゆれへの完全な対応はほぼ無理であり、必然的に標準的な訳語を使った文が優先的に登録され、たとえばdirectionであれば最も基本的な「方向」という訳語のみが登録されているのも致し方ないことだろうと思うのです。

その結果、各言語ごとの自然な表現が犠牲になっている場合もあることは私も少し残念に思っていますが…。

つまり、どの設問の掲示板でも最も多い疑問である、「なんでこれが間違い?」の中にはシステム上の制限としか言いようがない場合も多いのです。文意的には正解でも機械的に不正解と判断されている場合が多いだろうと思います。

ですから、このあたりはたとえばyouを日本語に訳す場合であれば、いわゆる学校英語で最も標準的な訳である「あなた」を常に使うべきですし、directionであれば、特別な理由がない限り「方向」と訳す、と考えていただければいいと思います。

実際、この例文を英日訳する場合に「方向」以外の訳語を選ぶ必要性はあまりないと個人的には感じます。日本語で普段わざわざ「方向」とは言わないかもしれませんが、英文のニュアンスを最も正確に表している語はやはり方向だろうと思います。 (「方」は正解にしてもいいじゃないかとも思いますけどね)

ただ、そのように意識した上でサイトを利用していても、「やはりこれは正解としてほしい」と感じる訳文もあると思います。 そのような場合は遠慮なくレポートから送信されるとよいかと思います。

おそらく期待している答えとは違うだろうと思います。純粋に翻訳上の疑問だろうと思うのですが、あまりそちらの解決にはなっていなくて申し訳ないです。

2ヶ月前