Duolingo は、言語学習において世界でもっとも人気のある方法です。なによりも、完全に無料です。

https://www.duolingo.com/Timefiles-86

Duolingo 回答の仕方を変えてみる

Timefiles-86
  • 25
  • 25
  • 3
  • 1156

回答の仕方を変えてみました。

(方法) 問題文の状況を想像しながら、ツッコミを入れてみる。 または、続きの文を考えながら解答する。(日本語 or 外国語)

頭に思い浮かんだことを、自由に突っ込めるので意外に面白いです。何を思いついても、相手に怪訝な顔をされるわけでもありません。勿論、入力は正解になる解答を入力する必要があります。

個人的には、マンネリの防止になると思いました。皆さんも試してみてはいかがでしょうか?また、他にも何か面白い学習方法があれば紹介してください。

2年前

7コメント


https://www.duolingo.com/Timefiles-86
Timefiles-86
  • 25
  • 25
  • 3
  • 1156

英作文に機械翻訳を取り入れてみようと思っています。 機械翻訳にはいろいろな問題があるという話も耳にしますので、徐々に試行錯誤していければと思っているところです。機械翻訳について皆様の幅広いご意見を伺えれば幸いいたします。

2年前

https://www.duolingo.com/no-name420
no-name420
  • 25
  • 7
  • 2
  • 250

少し前になりますが、2012年頃にネット動画(ニコ生公式)放送でGoogleのエンジニアの人(日本人)が言語を処理することについて語っていたのが印象に残っています。 その方はGoogle翻訳のチームに所属している人でしたが、言語処理全般に知識が深い方で、その人が言うには日本語と英語の翻訳しようとしたときに単に文法のルールを割り当てれば良いというものではなくて、いい例としては固有名詞。「千と千尋の神隠し」を「Spirited Away」と変換できるようにするには実例(データ)を分析するしかない。※Google翻訳ではこれが正しく訳される(https://translate.google.co.jp/#ja/en/%E5%8D%83%E3%81%A8%E5%8D%83%E5%B0%8B%E3%81%AE%E7%A5%9E%E9%9A%A0%E3%81%97)
意外と他の機械翻訳プログラムでも「ことわざ」の類は予めプログラムされて、正しく翻訳されたりするのですが、固有名詞の類は新しい物ほどとても弱いです。※ Google翻訳ではことわざも対応している(https://translate.google.co.jp/#en/ja/Time%20flies%20like%20an%20arrow)
Google翻訳もDuolingo同様、翻訳のフィードバックを受け付ける仕組みがあるので翻訳の質もどんどん上がっていくのだと思います。

また、機械翻訳の問題として(2012年の時点なので少し古い情報になりますが)、文脈を考慮した翻訳ロジックはGoogle翻訳にも組み込まれていないということです。文脈によって意味が決まることが日本語(というか自然言語処理)で難しい問題です。
実例として挙げていたのは「僕はウナギだ」という文の例があるようで、 絵本や物語の中の登場人物ウナギくんが「僕はウナギだ」と言っているのかもしれないし、料理屋に入ってメニューを見ながらの会話で「何にする?」「僕はウナギだ」と決めているのかもしれない。これを解決するのは難しい。しかし、ビッグデータを処理することで、音声入力では「貴社の記者は汽車で帰社した」という同音異義語のテンプレート的な文は音声入力でも正しく文字通り判断できる。

文脈の問題は置いておいても、人間が苦手な分野に対して機械に仕事をさせる場合の最適解は、Googleのように大量のデータを大量の機械(サーバー)で処理できる会社の場合、あくまでも「存在しているデータを分析して、その中から規則を見つけるよう自己学習のプログラムをする」ことで、それが今のところ最適解に近いのだと思います。もちろん決められたロジックが早く正確に処理されることが既に分かっている問題に関しては、ロジックやアルゴリズムとして人間がプログラミングする方が安く速く済むのは間違いないですが。

その機械学習の分野はdeep learning(深層学習)というワードで今、一部(プログラマ界隈)で流行りになっています。 その手法が最適解に近いと実感できた実例は本題からは話がずれてしまいますが、囲碁のAI(AlphaGo)が囲碁プロ世界トップランカーに圧勝したのが記憶に新しいです。 あのAlphaGoを開発したDeepMind社は天才的な機械学習アルゴリズムとGoogleによって買収されたことによって、Googleが持つ大量のコンピュータ資源を使えたことで、強い囲碁プログラムとは異なる手法(序盤の戦術や詰め方を人為的にプログラムしない)で強く出来た実例でしょう。 ネットにあるアマチュアの棋譜だけをインプット情報として、あとはAI同士を戦わせることだけで強くしていったようです。

だいぶ話がずれてしまいましたね。ははは

2年前

https://www.duolingo.com/torukisaki
torukisaki
  • 25
  • 22
  • 1116

とてもいい方法だと思います。私もその方法をやっています。例えば、The relations between the two countries are bad.という文に対して、日本で「いや、それは見せかけだよ。◎◎国を欺くための高度な外交戦略の一つなのさ」という文を作ってあそんだりしてます(恥ずかしく英文は書けません)。 ただ、自分がつくった文が正しいかどうかが確信もてないんですよね(なので、lang8でもやってみようかなと思っているところです)。 また、duolingoの問題にもちょこっと飽きてきたので、duolingoっぽく学習できるように自分でエクセルのマクロで簡単なプログラム(市販の本の付属CDの音声を1文(和文、英文)づつにぶった切って、それをランダムにを再生させたり、文章を表示させたりするものです。)を作って学習しています。 お互い頑張りましょう。

2年前

https://www.duolingo.com/Timefiles-86
Timefiles-86
  • 25
  • 25
  • 3
  • 1156

コメントありがとうございます。

なるほど。lang8もおもしろそうですね。実際、使用したことはないですが、ネイティブに学習中の言語を添削してもらえるサービスであると、記事で読みました。http://www.kigurumi.asia/it/internet/1520/ 私も時期をみて手を出してしまうかもしれません。

付属CDの音声をランダムに再生とのことですが、いろいろ工夫していらっしゃいますね。 私も工夫していくのが好きです。自分の使いやすいように改良を加えるのは楽しいです。 私はDuolingo を始めて、タイムアタック中の日本語入力の効率の悪さが気になり、キーボードのキー配列を全て改良しました。最初は AZIK というキー配列をベースに改良しましたが、しっくりこないところがあったので配列を独自なものに変更しました。”Fj-right ”などとネーミングして使っています。 ”F”と” J” キーの入力のしやすさに注目して、拗音が絡む文字などキーを2回押すだけで入力できるようにしています。頻繁に使う文字をこまかく選択していけば、2つのキーを押すだけで「きょう」「きゅう」「きゃく」など入力できてしまいます。 「じゅう」「じょう」「じゃい」なども同様で、それなりに便利です。 ここで重要なことは、いかに自分が覚えやすいキーに配置していくかがポイントだと感じました。あまりにもご自身のイメージとにかけ離れたキーに配置してしまうと、いくら打鍵数を減らしたところで入力スピードは遅くなってしまいます。 最初は機械(道具)に対して自分を調整していくイメージでしたが、最終的には機械(道具)を自分に調整しなければ使いこなすことが出来ないという結論に至りました。

今は英作文に機械翻訳を取り入れてみようと思っています。 機械翻訳にはいろいろな問題があるという話も耳にしますので、徐々に試行錯誤していければと思っているところです。上手くいくかわかりませが、駄目なら他の方法を試してみるまでです。

2年前

https://www.duolingo.com/torukisaki
torukisaki
  • 25
  • 22
  • 1116

どうも。 そうなんですよね。私の場合、タイムアタックのときの間違いは、ほとんど日本語入力なんですよね。 ほんと、日本語のカタカナ入力は大変ですよね。私もキーボードの改良を検討してみます。

2年前

https://www.duolingo.com/Timefiles-86
Timefiles-86
  • 25
  • 25
  • 3
  • 1156

練習問題は日本語和訳、英作文と分けて出題されるようになれば、日本語を使う利用者にとっても優しいと思います。 それから、外国の方にとっても、「日本語から英語を学ぶコース」を利用するのは非常に困難なことであるだろうと改めて思いました。

いろいろなキーボードの配列方法がありますので、検討なさると面白いかもしれません。ただ時間はかかりますが。 参考になりそうなリンクを貼っておきます。 http://matome.naver.jp/odai/2136697542367374801?

2年前

https://www.duolingo.com/Timefiles-86
Timefiles-86
  • 25
  • 25
  • 3
  • 1156

ちなみに、

私は I、あなたは y、私達は w、彼女は s、彼は h、彼等は t。 頻繁に使う人称代名詞などGoogle 日本語入力のユーザー辞書に登録して1字+変換キーで入力できるようにしています。英語の頭文字を利用することで迷うこともありません。

以上、ご参考までに申し添えておきます。

2年前