Duolingo は、言語学習において世界でもっとも人気のある方法です。なによりも、完全に無料です。

https://www.duolingo.com/Mindyou57

問題を間違った時

Mindyou57
  • 14
  • 14
  • 12
  • 11
  • 6
  • 4
  • 4
  • 270

以前に同様の投稿があればお許しください。

フレーズや単語を入力して間違いの時、下に正解が出ますが、その後自分のミスタイプを画面上で訂正して、正しい答えに直せる一工程がほしいです。他の学習サイトではそのような工程が普通にあり、これをする事でフレーズへの理解力が増します。間違った答えを自分でタイピングしてきちんと一度直して、正しい答えを記憶に定着させるという意味で重要だと思います。

約半年ぶりにDuolingoでまた学習を始めましたが、以前に書いたスピーキング問題で間違った場合に、下に正解を提示してほしいという要望も受け付けられていませんし、不満ばかり書いて申し訳ないのですが、ぜひご検討をお願いします。

今は私は英語からロシア語で学習をはじめています。キーボードシールを貼り、キリル文字入力でがんばっています。これも左上の「note」のボタンに気づくまで、キリル文字での学習ができませんでした。問題が出される時、左上のその小さなバーを右に倒して、キリル文字表記にする事で普通のロシア語が学習できると、最初はまったく気づきませんでした。Duolingoは非常に素晴らしい学習サイトですが、使用者の観点に立ったサービスがまだまだ行き届いていない印象を受けます。どうか運営の方々、がんばって工夫していってください。どうかよろしくお願いします。

1年前

1コメント


https://www.duolingo.com/5_away

私は非常にミスタイプが多いので、Tama37さんの気持ちがよくわかります。 そして、わたしもTama37さんと全く同じことを考えておりました。 私のPC環境では自分自身のこだわりですが、Apple英字キーボードをWindowsで使用しているため、スペルミスだけではなく、日本語と英語の切り替えがうまくいかない場合があります。ブラインドタッチができないため、どうしても手元を見て入力しますので、日本語で入力すべきところをローマ字で入力したり、またその反対だったり…、確認を怠っているな、焦っているな、落ち着け落ち着け!と感じながら学んでいます。

しかし、何度か学習するうちに、私ははっと気が付きました。 ミスタイプをした問題は、必ずそのレッスンのうちに何度か出題されます。 はじめのうち、これはわかっているのに、また出た!!とフラストレーションを持ちましたが、ある時その考えはちょっと違うかもしれない…と思うようになりました。そこで、今度は正しい答えを注意深く入力、確認することでさらに深く記憶に定着することができるんじゃないかと気づかされました。 そして、その問題が何度か出てくると、これは以前ミスをした!と注意深くなる自分自身を実感しました。 たぶん、それはその場で訂正し、すんなり次の問題に流れていくよりも効果的ではないかと考えます。

確かに、わかっているのに間違いだと指摘されることは悔しくもあり、歯がゆいです。 しかしDuolingoはミスに寛大で、私たちのミスに嫌味も文句も言わずに何度も付き合って、何度でもやり直させてくれます。 まさに、Patient teacherです。 十人十色の使用感、使用方法があるでしょう。 反対意見で申し訳ないですが、私は今のままのシステムを希望します。

1年前