Duolingo は、言語学習において世界でもっとも人気のある方法です。なによりも、完全に無料です。

"私の祖母には歯がありません。"

訳:My grandmother does not have teeth.

1年前

8コメント


https://www.duolingo.com/ssn2006
ssn2006
  • 23
  • 2
  • 26

My grandmother has no tooth.は誤りでした。なぜteethを使うのですか?

1年前

https://www.duolingo.com/OKAMOTO_Yusuke
OKAMOTO_Yusuke
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 23
  • 20
  • 16
  • 13
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 7
  • 5
  • 5
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3
  • 3
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 1561

no の後に置く名詞の単複の使い分けですが、「二つ以上あってもおかしくない」ものには複数形を使います。単数形を使うのは「あったとしてもせいぜい一つ」の場合と、「あり得ない」と強く言い切りたい場合です。歯は複数あっても別におかしくないので tooth は不適当で teeth を使います。

I have no siblings (私には兄弟姉妹がいない) 兄弟姉妹は二人以上いても不思議はないので複数形

I have no spouse (私には配偶者がいない) 配偶者はいたとしても通常はたかだか一人なので単数形

No one is perfect (誰も完璧ではない=完璧な人間なんていやしない) 「あり得ない、存在し得ない」なので単数形

1年前

https://www.duolingo.com/ryujirominami

some/any/no + 複数形だと、数的な問題で、 いくつかの、とか、数的にあるか、ないか、ということを表しますから、 no cars なら、車が1台もない、という話です。

それに対して、some/any/no + 単数形は、 数量的なあるなしでなく、何かの、のような、種類的な問題になるので、 no car は、どんな車もない、という感じの話になります。

従って単数形でも正解という事になります! つまり、単数形を使って書くという事は、質的に歯と言うものがない事を予め想定し、無いという事を強調していると考えられます。 「歯は複数あっても別におかしくないので tooth は不適当で teeth を使います。」とは言えないと思います。(逆は真ならず!)

1年前

https://www.duolingo.com/OKAMOTO_Yusuke
OKAMOTO_Yusuke
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 23
  • 20
  • 16
  • 13
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 7
  • 5
  • 5
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3
  • 3
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 1561

追加で用例を調べてみました。Google 検索の結果は以下の通りでした。

"grandmother has no teeth"

14,400件ヒット。個々のページの内容もいくつか見てみましたが、「歯はないけれどいつも微笑んでくれる」「歯がないので卵は生でないと食べられない」といった、ごくごく当たり前のものでした。

"grandmother has no tooth"

4件ヒット。4件ともソースは「英語典型錯誤逐個講」なる香港で出版された英語の参考書ですので実質1件です。この本はタイトル通り「英語でつい誤りがちな例」を個別に解説したもので、"My grandmother has no tooth" は誤りがちな例の一つとして紹介されています。すなわち、正しい用例の数としては0ということです。

当然のことながら当該の書籍中では "My grandmother has no teeth" に直すよう述べられており、理由は「人的牙齒也不止一顆」(ヒトの歯は1本だけとは限らないから)と説明されています。私と全く同じことを言っています。

用例が全く見つからず、かつ文法書でも「典型的な誤り」と解説されている表現を、「それを否定するのはあまりにも乱暴な議論」と結論する方がよほど乱暴だとはっきり申し上げておきます。

1年前

https://www.duolingo.com/ryujirominami

文法的に正しいかどうかの議論として議論しているのであって、その状況が自然であるかという事は勿論おっしゃる通りです。 つまり、それを誤りとして文法的に否定できないと言っているだけです。

1年前

https://www.duolingo.com/ryujirominami

つまりこういうことです。 きのうおばあさんの最後の一本残っていた歯がぬけてしまった。 だから今日は、She has no tooth.とは言えないのでしょうか?

言葉は常にcontextの中で成立するのであって、その文章だけを切り取って軽率に正しいとか間違っているとは言えない、という事を言いたかっただけです。

1年前

https://www.duolingo.com/OKAMOTO_Yusuke
OKAMOTO_Yusuke
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 23
  • 20
  • 16
  • 13
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 7
  • 5
  • 5
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3
  • 3
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 1561

数の多寡でなく、そもそもの存在自体の有無を論じる場合については、上で挙げている3番目の例が該当するかと思います。その場合は確かに単数形を使います。

例えばヒゲクジラ類には歯がありませんが、これは抜けてしまって歯がないのでなく、そもそも歯という器官を持たないという意味ですから、おっしゃるように no tooth でよいでしょう。例えば https://www.nps.gov/caha/learn/education/classrooms/tooth-or-no-tooth-how-to-eat-like-a-whale.htm で "no tooth" という表現が見られます。

これに対し題意の「祖母」は、かつては歯が生えていて、それが抜けてしまって最後は0本になったとの意ですから、数の多寡として考えるべき話です。従って My grandmother has no teeth が適切な表現です。

My grandmother has no tooth は文法的には成立しますが、この表現が使えるのは「おばあさんは歯が形成されない奇病にかかっており、最初から全く歯がない」とか、「おばあさんは実はヒトでなくてヒゲクジラである」といった突拍子もない状況に限られるでしょう。文法的に正しいからといって、正解とは限らないのです。

なお付け加えると、おばあさんでなく乳児であれば文脈により no tooth は使われ得ます。下記のページは、子供の歯がなかなか生えてこないことを心配した親御さんの相談で、no tooth yet という表現が使われています。生まれてからまだ一本の歯も生えておらず、このまま一生歯が生えないのではないかという心配ですから、数ではなく有無の問題として no tooth と表現してよいわけです。「正誤は文脈に照らした上で決まる」とはこういうことを言うのです。

https://www.babycenter.com/400_1-yr-old-and-no-tooth-yet_1980471_391.bc

1年前

https://www.duolingo.com/ryujirominami

つまり歯と言うものが全然ない、と言う意味でno tooth,が使えないという事は無いといえると思います。様は想定を単数(質)で始めるか、複数で始めるかの違いであって、tooth(単数を)否定することはできないと言っているだけです。強調の意味での単数として、単数形の文を否定することは、あまりにも乱暴な議論ではないでしょうか?

1年前