Duolingo は、言語学習において世界でもっとも人気のある方法です。なによりも、完全に無料です。

https://www.duolingo.com/m_-M-_m

勉強の苦手な人の文法の仕方

こんにちは。 Duolingoで英単語を学習していますが、進むにつれて文法がわからなくなってきて学習が辛いです。

文法の解説は少ないので、自分で勉強してみようと思いました。 手元にあるのは文法書とリーディングの出来る単語帳です。

しかし細かい字で詳細に書いてある文法書を読むのに理解出来ないのです。 進まずにめげそう。

もともと勉強が苦手で、英語も響きなど感覚でといてしまっていたので文法は何もわかっていません。 とくに代名詞などの用語が覚えられず、解説を読むのも一苦労です。 持っている参考書を投げて、ドクターショッピングのように本屋で参考書を毎日パラパラみて自分にあったものを探す方に現実逃避してしまいます。そんなもの見つかる訳ない?ので今の本を理解出来ると良いのですが。

参考書を読めず、一般的な学習方法が合わず勉強が苦手なタイプはどうやって勉強すれば理解出来ますか? 変わった勉強をしている方はいらっしゃいますでしょうか?

1年前

5コメント


https://www.duolingo.com/m_-M-_m

皆さんありがとうございます。 わがままかもしれませんが、やはり今まで子どもの頃からずっとやってきて、学校と同じ文法の勉強方法は私には理解しにくいものであることを認めます。 また、教えて頂いたことで、他の勉強方法があることを知ることが出来、まだまだやってみようと思うことが出来ました。

1年前

https://www.duolingo.com/haircut110

こんにちは。 私は中学時代、英語テストで0点だったこともあるほど英語が苦手です。英文法が未だに理解できず苦労しています。 文法に関する解説は、英語以前に日本語の意味(文法用語)が分からないといった感じです。 おそらく英語学習者がつまづくのはこの文法用語の難解さが最大の原因ではないかと思うのですが…

私がDuolingoを続けてこられたのはこの難解な文法用語をとりあえず無視しても何とかなる所でした。 最初に文法ありきではなく「過去形だとこうなるのか、疑問文だとこうなるのか…」みたいに、文章のパターンを見て覚えていきました。 どうしても文法の説明が欲しい場合のみ辞書(最近はもっぱらネットですが)で調べ、100%理解は出来なくても頭の片隅にちょっと留めておくといった感じですが、それで何とかやって行けてます。

私、Duolingoを始める以前は英語なんて絶対無理とハナから諦めていましたが、一年以上続けて来て自信のような物が湧いてきました。 英語に積極的になったというか、長い英文を見てもスルーしないでちょっと訳してみようかな、みたいな。 焦らず、地道に…一緒に頑張りましょう。

1年前

https://www.duolingo.com/m_-M-_m

自分の困っている全てではありませんがまさにそうです!

日本語の文法用語がどうしても覚えられず、それが前提である友人の指導や本を読んでも理解出来ず。 勉強法やアプリをいくつか試して、子供用の感覚的なもの(duolingoも少し近い)が比較的まだ覚えられるようです。ただこれらは主流でないのかなかなか仕組みが発展してないようですが。

どうしても用語を理解出来なきゃいけないんだ!先にやらないといけないんだ!と思っていたので、そうでない方法をとっている方がいて、話がきけ、とても嬉しいです。

1年前

https://www.duolingo.com/yukihaKobe

いろいろと勉強や文法に関して複雑骨折をしているように見えます。

私も、人の言うままに勉強して辛い目に会いました。人と違うといっても、脳の仕組みや体の組成が違うわけでなく。一定の法則があるわけで。

逆転一発というよりは、辛いことを楽しく勉強する方法と、ある程度効果のあると論文などで示されている方法を自分に試して、自分で実験する粘り強さでしょうか。また「英語ができる」というレベルも人によって違って、その道の遠さに足がすくんでしまうかもしれません。

諦めずに、自分にあった勉強方法で年単位でやりつづける話になりますし、ちょっとずつでも成果が出たら喜べる、ある意味の愚直さが必要になるかと思います。

でも、これって自分にお金と時間を使う話ですから、かけた労力に対してそれだけの見返りを用意できない大抵の人は諦めてしまうのです。

図書館などで、「使える行動分析学: じぶん実験のすすめ (ちくま新書)」借りて読むのもいいでしょう。

1年前

https://www.duolingo.com/inductor

文法といっても、いろいろなアプローチで勉強する方法があると思います。 僕が思うに、細かい文法書をいきなり読んでも意味がわからないのは間違いなくて、文法書を理解するためにはそこに書かれている日本語だったり、説明に使われる英語の例文の内容がすっと理解できる程度には知識が必要です。

自分にとってどのような英語力が必要か、考えてみたら良さそうです。 例えば、受験で必要な英語の知識と、英会話で必要な英語の知識には歴然とした差があります。どちらも、カバーすべき範囲が全く違います。

本を主軸に使った勉強法は、知識を蓄えるという意味では学習効率は高いかもしれませんが、実際に英語を使用する場面を想定しない場合が多く、結果としてあまり身になりません。日本人の多くはこのパターンに当てはまっていると思います。

英語で躓いたときに必要に応じて文法を知る、というのが私のやったやり方でした。つまり、ネットで見た記事や、友達との会話でわからなかったときにググるというかなりいきあたりばったりなやり方です。効率は悪いかもしれませんが、吸収率は間違いなくこちらのほうが高いです。

1年前