Duolingo は、言語学習において世界でもっとも人気のある方法です。なによりも、完全に無料です。

"あなたはほとんど本を持っていません。"

訳:You have few books.

2週間前

6コメント


https://www.duolingo.com/hyconvicti

You have few books はあなたはいくつかの本を持っているでは?

2週間前

https://www.duolingo.com/OKAMOTO_Yusuke
OKAMOTO_Yusuke
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 23
  • 19
  • 16
  • 13
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 7
  • 5
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 1532

「あなたは数冊の本を持っている」ならば You have a few books です。

few は a が付くのと付かないのとで意味が異なります。a がついた場合は「いくつかある」で肯定的な意味、a が付かないと「ほとんどない」の否定的な意味になります。不可算名詞に対し使われる little も同様です。

2週間前

https://www.duolingo.com/Andy499355

ニュアンスまで訳すと you have few books は「あなたは本が少ない」で、「ほとんど持っていない」というのは You barely/hardly have any books とか、you have almost no books になると思います。細かいけど、余計に細かいところで生徒の訳を落とすところもDuolingoにあるから述べときました。

2週間前

https://www.duolingo.com/OKAMOTO_Yusuke
OKAMOTO_Yusuke
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 23
  • 19
  • 16
  • 13
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 7
  • 5
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 1532

寡聞にして「あなたは本が少ない」という表現を見かけたことがなく、Google でも検索してみましたが全くヒットしません。用例をいくつか紹介頂けないでしょうか。

a なしの few は「ほとんど〜ない」の訳で十分でしょう。実際、辞書でも用例に挙げられています。

https://ejje.weblio.jp/content/few

https://eow.alc.co.jp/search?q=few&ref=sa

もちろん barely/hardly や almost none を使って訳しても良いでしょうが、日本語の「ほとんど〜ない」はそこまで極端な少量には限定されないと勘案します。どうしても barely/hardly や almost none より多いことを訳出したければ「あなたはあまり本を持っていません」とでもすれば事足りるかと思います。

2週間前

https://www.duolingo.com/Andy499355

なるほど。だったらやっぱり「almost = ほとんど」という風に教科書や辞書で書くのはやめたほうがいいですね。肯定文でも不適切だけど、否定文では認めてもいいじゃないかと言われたから「ほとんどない = almost none」と言えるかと最近思ってたんですけど、否定文でも「ほとんど」はalmostほど極端ではないんですね。勉強になりました。

2週間前

https://www.duolingo.com/OKAMOTO_Yusuke
OKAMOTO_Yusuke
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 23
  • 19
  • 16
  • 13
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 7
  • 5
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 1532

どの言語間の翻訳でもそうですが、訳語は一対一とは限りません。「ほとんど〜ない」は状況により few とも almost none とも訳され得ます。実際、almost nothing の訳例として「ほとんど〜ない」が示されています(例えば https://ejje.weblio.jp/content/almost+nothing )。

もちろん、辞書や教科書は金科玉条でないことは十分に認識しています。しかし一方で辞書や教科書の記述は、専門家が十分に検討を重ねた上で(当然、用例も十分に調べた上で)成していることもまた事実です。それを「(『ほとんど』の訳語として almost は)止めた方がよい」と主張されるなら既存の記述を覆すだけの論拠をぜひお聞かせください。私も真摯に考察します。

上記の私の投稿では「(『ほとんど〜ない』を) almost none を使って訳しても良い」「ただしその訳には限定されない」とも述べています。「『ほとんど〜ない』は almost none と訳すべきでない」という主張はしていないことに留意願います。

2週間前