Duolingo は、言語学習において世界でもっとも人気のある方法です。なによりも、完全に無料です。

"それはその屋根に届きません。"

訳:It does not reach the roof.

3年前

6コメント


https://www.duolingo.com/member-A

It cannot reach the roof は誤りですか?

3年前

https://www.duolingo.com/OKAMOTO_Yusuke
OKAMOTO_Yusuke
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 23
  • 20
  • 16
  • 13
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 7
  • 5
  • 5
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3
  • 3
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 1563

誤りとまでは言えませんが、奇異な感じがします。

日本語では単なる「します」「しません」を「できます」「できません」で表現することが多々あり、和文英訳でもこれを引きずって"can"を入れがちです。例えば「分かりません」は、少なからぬ人が

(A) I can't understand.

と訳すでしょう。ところが実際に使われている表現はほとんどの場合

(B) I don't understand.

です。(少なくとも、私が仕事で一緒した英人・米人が口にしていたのは専ら(B)でした。)

(B)は単純、中立的な「分かりません」ですが、(A)は「(どう思案してもあなたの言っていることは)分からない」という、状況により非難とも受け取られかねない表現です。

英語を話すか他の人に訊ねるときも同様で、日本語では「英語を話しますか」より「英語を話せますか」が一般的な表現であることもあって、つい"Can you speak English?"としたくなりますが、これも多くは"Do you speak English?"が適切です。(こちらなどもご覧ください http://school.jorudan.co.jp/eigolike/sp/columns/columns_033.php)

さて今回の問題に立ち返りますと、単にそれ(棒と仮定しておきます)が短くて屋根に届かないだけなら"does not reach"でしょう。その棒が不思議な棒で、例えば長さは十分にあるのに屋根に近づけるとなぜか縮んでしまうとか曲がってしまうとかいった事情で、何をどうやっても届かないならcannotもあり得ます。

3年前

https://www.duolingo.com/nityanandananda
nityanandananda
  • 24
  • 20
  • 14
  • 9
  • 9
  • 7
  • 6
  • 5
  • 5
  • 2
  • 3

OKAMOTOさんの仰られた2行目の『日本語では単なる「します」「しません」を「できます」「できません」で表現することが多々あり』というのが、人生訓並みにズシーンと、妙にしみました。日本人ができるできないと考えるのを止めて、するかしないかにフォーカスする民族になれば、いろんなことがラクになりそうです。またこの発想があっての努力や粘りなのかなとも。いやはや、脱線すみません。でもこの記事読めてよかった!どうもありがとう。

3年前

https://www.duolingo.com/OKAMOTO_Yusuke
OKAMOTO_Yusuke
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 23
  • 20
  • 16
  • 13
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 7
  • 5
  • 5
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3
  • 3
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 1563

nityanandanandaさんコメントありがとうございます、大変興味深く読ませて頂きました。私自身は大したことは書いていないので、何だか却ってくすぐったいです。

ご指摘の通り言語とその背景の文化は密接に関連しており、文法とはまた別のところでその「文化」がどうしても表現ににじみ出ます。日本の文化は良くも悪くも「謙虚、謙譲」を美徳とするところがあり、例えば単に「分かりません」と言いたいときでも「私の理解力が足りなくてすみません」という趣旨を知らず知らず匂わせた表現になりがちなのは、上で述べた通りです。

あるいはこんな例も挙げられそうです。例えばよくないことをしたときは主語を明確にします。過って皿を割った時は「私が皿を割りました」という表現(能動態)の方が「皿が割れました」(受動態)より好まれます。事実の記述としてはどちらでも同じですが、受動態だと「責任回避だ、けしからん」と言われかねないのが面白いところです。

これと対に、逆に良いことをした時は主語をぼかす傾向があります。例えば会社で部長が職場がきれいになっていることに気づき「ほう、誰か掃除してくれたのかね」と問うたときに、「私が掃除しておきました」としたり顔では言わず「やっておきました」とだけ、主語も行為もぼかした方が好まれるのもご承知の通りです。

おっしゃる通り「もう少し楽に考えられれば・・・」という部分は多々あると思います。一方では「日本にはそういう文化背景がある」というのを、他の国の文化との対比の中で認識した上で、異文化とのお付き合いの仕方を考えていけばよいのではと個人的には考えています。

勿体を付けた話で失礼をいたしました。

3年前

https://www.duolingo.com/member-A

返答が遅れて申し訳ありません。 ご回答有難うございます。

丁度 サントリーの響のCMで "Do you hear it?" が「聞こえる?」と訳がついていました。 まさに、このことですよね!

丁寧な説明有難うございました。

3年前

https://www.duolingo.com/hirasabre
hirasabre
  • 25
  • 5
  • 2
  • 1013

どうもreachの後にtoを付けちゃうな…

2ヶ月前