"少しも疑いはない。"

訳:There is no doubt.

3年前

2コメント


https://www.duolingo.com/uki_uki
uki_uki
  • 22
  • 179

There is no の次に複数形にするときとしないときの違いがわかりません。 単純に可算名詞と不可算名詞の違いでしょうか? それとも、isだからでしょうか?

3年前

https://www.duolingo.com/OKAMOTO_Yusuke
OKAMOTO_Yusuke
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 25
  • 21
  • 17
  • 14
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 7
  • 5
  • 5
  • 5
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3
  • 3
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 2
  • 1617

「全くない」を意味する no の後に続く名詞を単数形、複数形のいずれにするかは https://www.duolingo.com/comment/9279600 などをご覧ください。

doubt は一般に不可算名詞ですが、個々の疑念を指す場合は可算名詞であり、There is no doubt / There are no doubts のどちらも用例として多数見かけます。「疑いなど全くありはしない」と強調するなら単数形、「(場合によってはあり得るが、ここでは)疑いはない」なら複数形ということになります。なお動詞の選択(is/are)はその単複によって初めて決まるものであって、動詞が単複を決める、というのは順序が逆ということになります。

3年前
英語を無料で学ぼう。1日5分ゲーム感覚で学習できます。